●抱き方の基本ポイント●
抱っこしたら鏡の前でチェック!
全ての抱き方に共通する
大切な6つのポイントです。


1)スリングの一番底が、ママのおへそより上にある。

2)ママの肩の少し外側までスリングで覆われている。

3)ベビーの脇の下〜ひざ裏がしっかりスリングに包まれている。

4)ママの肩・背中で布がきちんと広がっている。

5)スリングの布が無駄にたるんでいない。

6)ママが背を反らしたりかかんだりせず、真っすぐな姿勢。


これらができていれば、1時間くらいは楽に抱っこできるはず。30分ももたない人は、赤ちゃんと密着できてない場合がほとんどです。赤ちゃんを下腹あたりでぶら下げていませんか?
高い位置で抱っこすれば、断然楽になります。リング有りなら布をきっちり締め、リング無しなら小さいサイズに替えましょう。


ベビースリングは、赤ちゃんを入れてぶらさげるバッグではなく、赤ちゃんを手の代わりに布でしっかり抱きしめるもの。 "赤ちゃんを身にまとう"とも言われます。
正しく抱けていれば不安無く両手が離せます。両手は自由にしておき、ただ赤ちゃんに添えているだけ・・・・というのがベビースリングの正しい使い方。
あなたの両手は自由ですか?


1:交流会開催予定
2:こんな会です
3:スリング基礎知識
4:i-sling掲示板
5:ベビーとお出掛け
6:携帯サイトリンク集
0:トップへ戻る

▼スタッフへメール
▼このサイトを教える

©諌早ベビースリング交流会